こんばんは、元芸人のライター鯛です。

一人暮らしをしていると、魚と野菜を食べる機会が減りますよね。
「魚や野菜を食べなきゃ健康に悪い…」と思ってはいても、結局カップ麺や半額弁当を選んでしまったという経験はありませんか?

そんな時におすすめしたいのが「鯖サンド」です。

鯖サンドとは、トルコ・イスタンブール名物として現地の人々や観光客に愛されるトルコの郷土料理の一つです。
「魚と野菜をパンに挟んで食べる」と日本ではあまり馴染みのない食べ方ですが、魚の塩気とヘルシーな野菜の相性が意外にも抜群でとても美味しいです。

何より、1食で魚と野菜をたっぷり摂取できるのでとても健康的です。
今回は、今人気のサバ缶を使って作る超簡単なサバサンドのレシピを紹介します。

「最近魚や野菜を食べてないな…」という方は是非作ってみてください!

1.魚と野菜をたっぷり摂取できる「鯖サンド」のレシピ

鯖サンドに必要な材料や作り方を写真付きで詳しく紹介します。

材料

・サバ缶(水煮) 1缶
・トマト 1/2個
・リーフレタス 適量
・ロールパン 2個
・醤油 適量
・レモン汁 適量
・塩コショウ 適量

鯖サンドに使用する鯖は焼き鯖でもOKですが、今回は手間を少しでも省くためにサバ缶を使用します。

ちなみに、滋賀県・平和堂のオリジナルブランドのサバ缶を使用していますが、水煮缶であれば何でもOKです。

また、サンドイッチ用のパンについても、食パンやフランスパン、マフィンなどお好みの物で代用可能ですが、もともと切れ目の入ったホットドッグ用のロールパンを使用するととても楽なのでおすすめです。

作り方

1.具材の下準備をする。
パンに挟む具材の下準備を行います。

まずはサバ缶から。
サバ缶のサバをそのままパンに挟むのは難しいのでほぐしていきます。

缶詰を開けて、汁を捨てます。

そしてお箸で崩すようにしてほぐします。

ゴロッとした食感が好きな方は軽くほぐすだけでOKです。

トマトは食べやすい大きさになるよう薄くスライスします。

2.ドレッシングを作る。
ドレッシングは醤油をベースに作ります。

先ほどほぐしたサバを小皿に入れます。

そして、醤油と塩コショウ、レモン汁を入れてかき混ぜます。

全体がよく混ざったらOKです。

ちなみに、マヨネーズを入れるとよりマイルドになるのでお好みで入れてください。
3.パンに具材を挟む。
具材の下準備ができたらパンにサンドしていきます。

ロールパンに具材をたっぷり挟みます。

そして、トマトとリーフレタスを挟めば完成!

まとめ

サバの塩気と野菜のシャキシャキ感、さっぱり風味のマヨネーズソースの相性が抜群です!

朝食にはもちろん、お弁当に詰めて会社のお昼休憩に食べるのもおすすめです。
また、トマトやレタス以外にも、玉ねぎや水菜、ピクルスなどお好みの野菜を挟んでお召し上がりください。

1食で魚と野菜をたっぷり食べられるトルコで大人気の鯖サンド。
缶詰を使えばとても簡単に美味しく作れるので是非試してみてください!

この記事を書いた人

24歳、元芸人ライター

腐っても鯛です